イエス・キリストが私たちを救い、

神が私たちの父となり、恵みの中を生きる新しい人生が与えられます。

聖書のことばが私たちの人生の土台となり、

たとえ試練があっても、希望と喜びをもって生きる力が与えられます。

教会が私たちの家族となり、

人生を分かち合い、祈り合い、励まし合う仲間が与えられます。

聖霊が私たちをいやし、回復し、成長させ、

新しい人へと造り変え、神の尊い作品として生きるアイデンティティが与えられます。

キリストが私たちたちを世界に遣わします。

イエス・キリストにあるいやしと回復、和解と希望のメッセージを伝えるミッションが与えられます。

2019年8月11日日曜日

収穫の働き手


その後、主は、別に七十人を定め、ご自分が行くつもりのすべての町や村へ、ふたりずつ先にお遣わしになった。そして、彼らに言われた。「実りは多いが、働き手が少ない。だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。
(ルカの福音書10章1節~2節)

Ⅰ.収穫の働き手は神の畑に目を向ける

この地上に神の国をもたらし、神の国を広げること、弟子を育て神の国の働きをゆだねることが、主イエスに託されていたミッションでした。主イエスは常に、父の心を求め、父の心に従って歩まれました。主イエスが、失われた人を捜して救う時に、神の国に招き入れる時に、神の国は広がって行ったのです。

「人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」(ルカの福音書19:10)

人間が創造主である神との関係を失って以来、天の父の目はこの世界とそこに住む人間に向けられています。罪によって壊れたこの世界ではありますが、父の目には収穫の畑として写っているのです。そこに住む私たち人間を愛する子どもとして、ご自身の関係の中に取り戻したいと願っておられるからです。その父の願いを受け止めて、ひとり子イエス・キリストはこの地上に来てくださいました。私たちを取り戻すために。

主イエスは、常に父の思いを受け止め、父の目を通してこの世界をご覧になっています。主は、収穫の働き手である私たちにも、私たちの住むこの世界とそこに住む人々に関心を向け、そこでいっしょに失われた人を捜してほしいと願っておられるのです。私たちは収穫の畑に目をむけているでしょうか?

Ⅱ.収穫の働き手は神の可能性に目を向ける

救い主の友となったザアカイを通してエリコの町の多くの罪人が救われ、たましいの渇きが癒されたサマリヤの女を通し彼女の町の多くの人々が救われ、悪霊から解放されたゲラサの男によってデカポリス全域に福音が伝えられました。彼らはみな、主イエスによって罪赦され神の国の市民となった人々です。このような人々によって神の国は広がって行ったのです。

主イエスは、人々の罪の深さや、弱さ、彼らのおかれていた絶望的な状況を充分ご存じでした。しかしあえてそのような人々を探し出して選び、友となり弟子とされたのです。それはこの人々の中に隠されていた神の可能性をご存じだったからです。神の国に招き入れられ、神のものとされるならば、神はこのような人々を造り変え収穫の働き手として素晴らしい方法で用いられることをご存じだったのです。

主イエスは、弱さをもった人々の中にある神の可能性に目を向けておられます。主は、収穫の働き手である私たちにも、周囲の人々の中に隠された神の可能性に目を向けてほしいと願っておられます。私たちは人間の弱さや困難な状況に目を向けているでしょうか?それともそこに隠された神の可能性に目を向けているでしょうか?

Ⅲ.収穫の働き手は神の畑に時間を投資する

主イエスは、持てる物すべてを、またご自身のいのちを神の畑に投資されました。私たちにとって最も貴重なものは自分自身いのちです。イエス・キリストの救いを通して神の国の市民権を得た私たちは、自分のいのちを生きているのではなく、神に与えられた新しいいのちを生きています。聖書はこの神の畑に自分のいのちを投資することこそが最も見返りの大きな投資であることを教えています。私たちに与えられているこの人生と言う時間には限りがあります。しかし、それがどれほど貴重なものであるか、私たちは十分気づいていないかもしれません。

天の御国は、畑に隠された宝のようなものです。人はその宝を見つけると、それを隠しておいて、大喜びで帰り、持ち物を全部売り払ってその畑を買います。
(マタイの福音書13章44節)

その人が何を大切にしているかは、その人が何に時間を費やしているかで知ることができます。私たちは神の畑に隠された宝のあることに気づいているでしょうか?その宝を見出し掘り起こして手に入れるために時間を投資しているでしょうか?

Ⅳ.収穫の働き手は他の働き手とともに働く

主イエスは、地上で過ごした限られた時間の中で、ユダヤ人に対して御国の福音を伝えました。そして、天に帰られる前に、この福音を全世界に伝えるようにと弟子たちにお命じになりました。神のご計画の中にあって、主イエスは弟子たちを収穫の働き手として育て、彼らに神の国の働きをゆだねる必要があったのです。

神の畑は、まず、私たちのこころの中に、私たちの家庭(夫婦関係や親子関係)の中に、次に、教会の中に見つけなければならないものだと思います。なぜならそこが私たちにとって一番大切な畑であり、神の可能性が隠されているところだからです。私たちが自分の賜物を見失い、家庭や教会という畑が放置されて荒れ果てているとしたら、とても残念なことです。しかし、私たちが神の協力者となるならば、この畑は豊かな収穫を約束する畑に変わるのです。そして自分の立っている畑から目を上げて周囲を見渡すならば、果てしなく地平線まで続く収穫の畑が広がっているのです。

私たち一人一人が働き手となり、家庭と教会の中から働き手が起こされ、さらに地域社会の中から働き手が起こされてくるならば、そして手をつないでともに収穫のために働くことができるならば、なんと幸いなことでしょう。私たちは、神の国のために手を取り合ってともに働く収穫の働き手になろうとしているでしょうか?

2019年8月4日日曜日

増え広がる教会



.「あなた方は力を受けます」前回のメッセージの復習

人々を救うことのできる方は神お一人です。ここに登場する教会は、みことばに生き、神の家族として一つにされ、神の願いを自分たちの願いとして祈り、聖く恵み深い神を畏れ、奇跡がなされ、惜しみなく分かち合い、一人一人が真の礼拝者として生きる教会でした。

しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」 (使徒の働き1章8節)

そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。
そして、一同の心に恐れが生じ、使徒たちによって、多くの不思議なわざとあかしの奇蹟が行なわれた。
信者となった者たちはみないっしょにいて、いっさいの物を共有にしていた。
そして、資産や持ち物を売っては、それぞれの必要に応じて、みなに分配していた。
そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、
神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。
(使徒の働き2:42~47)

① 聖霊は教会に「みことばに生きる力」を与える
「彼らは使徒たちの教えを堅く守り・・・」-----助け主である聖霊はキリストのみことばに従って生きようとする弟子たちに、その力を与えてくださる方です。

② 聖霊は教会に「一つとなる力」を与える
「交わりをし、パンを裂き・・・」-----聖霊は私たちが夫婦として、家族として、教会として一つとなる力を与えてくださいます。

③ 聖霊は教会に「祈りの力」を与える
「祈りをしていた。」-----聖霊は祈りを通して私たちの心のフォーカスを神の御心にぴったりと重なるように導いてくださる方です。

④ 聖霊は教会に「神を知る力」を与える
「一同の心に恐れが生じ・・・」-----私たちの交わりの中に聖霊がおられるなら、私たちは父を見る(知る)ことができるのです。聖霊は私たちに父なる神と人格的に交わる(知る)力を与えてくださる方です。

⑤ 聖霊は教会を通して力あるわざをなされる
「多くの不思議なわざとあかしの奇蹟が行なわれた。・・・」-----聖霊は今でも教会を通して、主イエスがなされたのと同じように、父のみこころに従って奇跡を起こされる方です。しかし、それ以上に大切なことは、私たちを父の願う姿に変えてくださる方であるということです。ただし、私たちが心からそれを求め従うなら・・・。

⑥ 聖霊は教会に「分かち合う力」を与える
「・・・いっさいの物を共有にしていた。」-----聖霊の交わりの中にあって、教会はすべてを共有し満ち足りていました。弟子たちは豊かに与え、豊かに受け取る者であったからです。

⑦ 聖霊は教会に「礼拝者として生きる力」を与える
「そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。」-----聖霊は私たちに礼拝者として生きる力を与えてくださいます。それは聖霊の力による変革です。

⑧ 聖霊は教会に「キリストの証人として生きる力」を与える
「主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。」-----上にあげた条件を備えた教会を通して、人々はキリストを知り、そしてキリストを通して父との交わり、神の家族との交わりの中に導き入れ、キリストの証人として生きるように変えられたのです。信じて従う者たちに聖霊はその力を現わしてくださるのです

Ⅱ.増え広がる教会

こうして教会は、ユダヤ、ガリラヤ、サマリヤの全地にわたり築き上げられて平安を保ち、主を恐れかしこみ、聖霊に励まされて前進し続けたので、信者の数がふえて行った。                   (使徒の働き 9章31節 新改訳聖書)

※参照: 基礎が固まって発展し(新共同訳) どんどん増え広がっていきました。(リビングバイブル)

この箇所で教会と訳された言葉は単数で書かれています。地域に散らばった教会ではあったけれど、キリストのからだとして一つにつながれていたことを教えています。新改訳聖書では「信者の数がふえて行った。」となっていますが、原文には信者という言葉はありません。聖書のフォーカスは「一つの教会がどんどん増殖していった」ということに置かれています。英語の聖書のいくつかではmultiply という言葉が使われています。確かに数として増えて行ったのですが、どんなに増え広がっても教会は一つだったのです。

ちょうどイチゴがランナーという茎を地表に這わせることによって株を増やしていくのに似ています。一つ一つの株が独立しているようにみえてもランナーでつながっています。聖霊によって生まれた一世紀の教会はエルサレムから始まって、ユダヤ、サマリヤの全土、地の果てまで、爆発的に増え広がっていきました。でもその増殖はすぐれたリーダーたちの努力や計画によるものではなく、神のことばと聖霊の導きに従った普通の人々を通してなされた神の働きです。そういった意味で、この書は「使徒の働き」というよりは「聖霊の働き」と呼んだほうがふさわしいと思います。イチゴに増殖していく生命力(DNA)があるように、一世紀の教会に聖霊と言う生命力が宿っていたのです。その生命力が解放されさえすれば、教会は自然に増殖していくのです。なぜならそれが教会のDNAだからです。

9章31節に登場する教会は、(前回のメッセージで引用した)2章42節~47節に書かれている教会の成長した姿です。聖霊の生命力によって成長(増殖)した教会がどのような教会であったかもう一度、確認してみましょう。聖書の教える教会とは、聖霊の力によって①みことばに生き、②キリストにあって一つとされ、③神の御心を求めて祈り、④神がどのような方であるかを知り④聖霊が力を現わし⑤持てるものを豊かに分かち合い⑦日々、礼拝者として生き⑧生活を通してキリストを証しする人々の集まりです。それが教会であり、神の家族のあるべき姿です。実際の私たちはさまざまな面で未完成であり、欠点を抱えたものです。しかし、神のことばに従い、聖霊の導きに従って生きるならば、そこに聖霊の力(デュナミス)が解放されていくのです。聖霊には私たちをキリストにあって豊かに生かし、成長させ、増殖させる力があるのです。