2018年12月30日日曜日

神の国に生きていますか?


Ⅰ.大切なテーマ

イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現われて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。(使徒の働き1章3節)

主イエスが、天に帰られる前に一番大切なこととして語ったテーマは「神の国」でした。想像してみてください。40日間、同じで主題でメッセージを聞かされたとしたら。みなさんはどう反応するでしょうか?

復活された主イエスが改めて弟子たちに「神の国」について教えられたのは、これから宣教の働きに進んで行く弟子たちにとって、それが必要不可欠であったからです。この時の弟子たちは「神の国」を充分理解しているとはとても言えない状態でした。

Ⅱ.神の国とは?

メッセージの中で何度も語ってきたことですが、もう一度質問させてください。「神の国」とは何でしょうか?そうです。「神の国」とは「神のご支配」のことです。「神の国はどこにあるのか?」と問われるならば、「王であるキリストのご支配されるところ。」がその答えとなります。では、もう一つ質問させてください。私は、あなたは「神の国」に生きているでしょうか?主イエスは、四十日の間、弟子たちに「神の国」すなわち「王であるキリストのご支配」の中に生きることの大切さとその意味について教えられたのです。

主イエスが公生涯に入られてから、十字架にかかられるまで語られていた福音のテーマも「神の国」でした。有名な個所を一つだけあげていっしょに考えたいと思います。

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。(マタイの福音書6章33節)

Ⅲ.神の義とは?

「神の国」を求めるとは「王なるキリストのご支配の中に生きる」ことを求めることです。では「神の義」とは何でしょうか?「私たちの身代わりとなって死なれ、新しいいのちを与えるためによみがえられたキリストを信じることによって無条件で赦され、神の目に義なる(正しい)者とされる」・・・というのはもちろんその通りです。でも、ここで主イエスが命じているのは、そのあとに続く積極的な生き方のことを指しているのだと思います。その積極的な生き方とは主の祈りにあるように「神のみこころ」を私たちの日常に求める生き方です。私たちが「神のみこころ」を行う者となり、私たちを通して、神がご自身のみこころをこの地上に成し遂げる、そのように生きることです。もう一度質問させてください。そういった意味で、私は、あなたは神の国に生き、神のみこころを求め、それを行う者となりたいと願っているでしょうか?

御国が来ますように。みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように。(マタイの福音書6章10節)

Ⅳ.神の国に現わされる力

私たちは私たちの置かれている状況の中に、神の力が現されるように願いまた祈ると思います。しかし、「神の国」と「神の義」を真剣に求めているかが問題です。「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。」とは「キリストのご支配のもとに生きることを願い、神のみこころを求め、それを行う者として生きる選択をすること」です。「第一に求めなさい。」とはそれを最優先していきなさいという命令です。私たちの王は独裁者ではありません。恵みと愛をもって私たちとともに神の国を治めたいと願っておられるのです。私たちがその願いを共有するときに、そこに神はご自身の全能の力を現してくださるのです。

また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。(エペソ人への手紙1章19節)

主はその御目をもって、あまねく全地を見渡し、その心がご自分と全く一つになっている人々に御力をあらわしてくださるのです。(第二歴代誌16章9節)