イエス・キリストが私たちを救い、

神が私たちの父となり、恵みの中を生きる新しい人生が与えられます。

聖書のことばが私たちの人生の土台となり、

たとえ試練があっても、希望と喜びをもって生きる力が与えられます。

教会が私たちの家族となり、

人生を分かち合い、祈り合い、励まし合う仲間が与えられます。

聖霊が私たちをいやし、回復し、成長させ、

新しい人へと造り変え、神の尊い作品として生きるアイデンティティが与えられます。

キリストが私たちたちを世界に遣わします。

イエス・キリストにあるいやしと回復、和解と希望のメッセージを伝えるミッションが与えられます。

2018年7月22日日曜日

からし種ほどの信仰


今日は、みなさんといっしょに「信仰」について考えてみたいと思います。先に結論から言いますが、信仰とは生ける神への信頼です。願いをかなえる方法ではありません。ご自身に信頼する人々を通して、神は制限なく力を現される。それが聖書の教える原則です。マタイの福音書から二箇所引用しますが、主イエスは「どんなことでも」と同じことばで語っておられます。

Ⅰ.からし種ほどの信仰があったら

イエスは言われた。「あなたがたの信仰が薄いからです。まことに、あなたがたに告げます。もし、からし種ほどの信仰があったら、この山に、『ここからあそこに移れ。』と言えば移るのです。どんなことでも、あなたがたにできないことはありません。
(マタイの福音書17章20節)

「からし種ほどの信仰があったら・・・どんなことでも、あなたがたにできないことはありません。」この主イエスの弟子たち(私たち)に対する大胆な宣言を聞いて、皆さんはどう思われますか。ちなみに、「山」は当時の表現では、ほとんど不可能に見えることを指しています。私たちに信仰があるなら何でもかなうと解釈して良いのでしょうか。

ここで主イエスが問題にしておられるのは弟子たちの(私たちの)信仰の大小ではなく、生ける神への信頼があるかないかです。信仰は生ける神への信頼(関係)です。信仰は方法ではありません。私たちにとって最高に良き方である父なる神との人格的な関係なのです。

私には成人した4人の子どもたちがいますが、物心ついた時から、成人した今も、父親である私にいろいろ願い事をしてきました。父親である私は、その願いが子どもたちのためになることであり、時期が適切であると判断すれば、その願い答えてきました。子どもたちが成長するにつれて、信頼関係の中で要求に答えてきました。

もし、こういうことを言うお父さんがいたらどうでしょう。「私が子どもに新車を買い与えたのは、絶対買ってくれると、私のことを信じ切っていたからですよ。」とか・・・。「海外旅行のお金を出してあげたのは、あまりにしつこく頼むので根負けして。」とか・・・そのような関係に信頼を見出すことはできるでしょうか。

信仰には従順が求められます。「信仰があるなら、自分の願いどおりに神様が動いてくださる。」ということでは決してありません。「神の願いを自分の願いとするなら、神が私たちの信仰を通して働いてくださる。」ということだと思います。くり返しますが、信仰とは良き方である父なる神への信頼です。神の力がどれほど現れるかは、信頼している方に対して、私たちがどれほど従順であるかと比例しているように思います。

主イエスが語っておられるのは、こういうことだと思います。「父のみこころを求めて、それを行うならば、どんなことでも、あなたがたにできないことはありません。なぜなら、それを行っているのはあなた方ではなく父だからです。」

Ⅱ.心を一つにして祈るなら

まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。
ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」
(マタイの福音書18章19節~20節)

このもう一つの箇所では、ともに祈ることについて教えています。「心を一つにして祈る」とはどういうことでしょうか。単に人間が合意して求めれば神が動いてくださるということなのでしょうか。それだけでは肝心な部分が抜け落ちていると思います。主イエスは、「わたしの名において集まる所には」と語っておられますが、それは、「わたしを主とする人々が、わたしのこころを求めて集まる所には」という意味です。まず、そこに集まる一人ひとりのこころが主である神のみこころと一つとされることが大切です。それがなされて初めて、私たちはこころを一つにすることができるのです。主である神のみこころに同意することなしに、私たちは一致することはできません。

地上に父のみこころが現されるためには、私たちの祈りが必要なのです。私たちのこころと、天の父のこころとがピッタリと重なり合うときに、神はご自身のすぐれた力を、制限なく現してくださるのです。

また、あなたがたの心の目がはっきり見えるようになって、神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、
また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。
(エペソ人への手紙1章18節~19節)

2018年7月1日日曜日

御子の血による贖い


私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の赦しを受けているのです。これは神の豊かな恵みによることです。

(エペソ人への手紙1章7節)

◆あがないの工房

私の20年来の友人、敬愛するチャーリー・タッカー先生は、テキサスの郊外にある農場付きの家に住んでおられます。彼は「小さな」と言うのですが、一万坪近くある農場です。周辺には広大な農場が広がっているそうです。古いメンバーの方はご存知のようにチャーリー先生の趣味は木工です。時間があると、自宅にある工房(作業場)にこもって旋盤を回し、廃材を加工して、次々と素晴らしい作品を作り上げて行きます。以前、チャーリー先生が作られた万年筆をプレゼントとしていただいたことがありますが、プロの職人が作ったような見事な出来栄えでした。他にもサラダボールや聖餐式のセットなど、実用品から装飾品まで、創作の幅は広いです。チャーリー先生の作品の多くはプレゼントとして家族や親しい友人たちの手に渡っていくのですが、きっとそれも彼が楽しんで作品作りに励んでいる大切な理由の一つなのでしょうね。

ある時、そのチャーリー先生から、「日本語の看板を作りたいので、自分で調べた言葉が間違っていないか見てくれないか。」と頼まれたことがありました。彼がテーブルの上に広げたのは、工房の扉の上に付ける看板のデザインでした。そこには「あがないの工房」と書かれていました。一風変わった名前ですが、チャーリー先生がなぜ自分の工房にそのような名前をつけたのか、私にはすぐピンと来ました。

「贖い」は、日常であまり使うことばではありませんが、旧約聖書、新約聖書で何度も目にすることばです。あがないには、「あるものを代償にして手に入れる」「買い取る」というような意味があります。また「罪をあがなう」というような使い方もします。聖書で使われる「あがない」にも当然そのような意味が含まれていますが、中心的な意味において、贖うのは常に恵みに満ちた神様であり、贖われるのは罪を持った人間です。聖書のあがないには、必ず犠牲がともなうのですが、その犠牲を払われるのもまた神様なのです。つまり、「自分を造られた方である神から離れ、罪の中に失しなわれ、本来の存在価値を失ってしまった人間をあがなう(取り戻す)ために、神が犠牲(代価)を払われた。」それが聖書のストーリーです。

野原に捨てられた丸太や材木屋さんの裏庭に置かれた廃材を見つけると、チャーリー先生の目には、素晴らしい宝物のように映るのだそうです。彼は、やがては朽ちてしまうか、捨てられてしまう運命にある材木を自分の工房に持ち帰って加工し、新しいいのちを吹き込んで、素晴らしい作品へと作り上げるのです。

かつての私たち、罪の中に埋もれた私たちは、ちょうど裏庭に捨てられた価値のない廃材のような存在でした。しかし、救い主イエス・キリストが私たちを探して、見出してくださったのです。ご自身のいのちを犠牲にして、あがなってくださったのです。新しいいのちを吹き込み、ご自身の尊い価値ある作品としてくださったのです。

人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。
(ルカの福音書19章10節)

主イエスは、その人の過去ではなく、その人の現状ではなく、その人の中にあるこれから形作られる神の形を見ているのです。私たちは汚れて、傷ついているかもしれません。とても価値のあるような存在には見えないかもしれません。しかし、キリストの血によってあがなわれるなら、新しいものへの造り変えられ、日々、新しくされるのです。私たちはキリストの目で、自分自身を見るべきであり、また周囲の人々を見ていかなければなりません。私たちが自分や人を見て、どう感じるかが大切なのではなく、私たちの造り主である神様が、どのようにご覧になっているかが大切なのです。神の望まれる姿が未完成の私たちの中に、人々の中に隠れているのです。私たちをあがなってくださる救い主だけが、私たちを作り変えることができるのです。

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。
(コリント人第二の手紙5章17節)

あがなわれた私たちには「新しく造られた者」という新しいアイデンティティが与えられています。エペソ人への手紙2章10節では「神の作品」と呼ばれています。私たちを造られた神ご自身が、私たちを価値ある存在としてご覧になり、尊い目的の中に生かしてくださるのです。その真理に生きる時に、私たちは、キリストに似た者へとさらに造り変えられていくのです。