2018年4月15日日曜日

神の国に生きる恵み


Ⅰ.あなたが欲しいものは何ですか?

ある広告会社が関東と関西の都市部で20年以上に渡って、2年毎に継続して行っている意識調査があります。その一つの質問事項に「あなたが欲しいものは何ですか?(3つまで回答)」というのがあるのですが、上位の三つはずっと変わっていません。何だと思いますか?1位、お金、2位、健康、3位、安定した暮らし・・・だそうです。どれも、私たちにとって必要なものですし、なんとなく分かる気がします。ちなみに4位以下には、変動はありますが、若さ、幸せ、自由、時間などがランクインしています。

Ⅱ.優先順位

さて、一方で聖書は私たちに、次のように語っています。
そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。
こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。
だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。
(マタイの福音書6章31~33)

二つのポイントがあります。「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。」という命令と、「これらのものはすべて与えられます。」という励ましです。ここで主イエスが語っておられるのは、優先順位のことです。物質的なものが悪であるとは言っておられません。

1.求めなさい

一つ目のポイント、「神の国を求める」とは、日々、神のご支配の中に生きる決断することです。また「神の義を求める」とは、自分の正しさを捨てて、神様の目に喜ばれる生き方を選んで行くことです。日々、自分の罪を認め、赦していただき、恵みに満ちた神様との親しい関係の中に生きていくことです。

2.与えられます

二つ目のポイント、「これらのものはすべて与えられる」とは、恵みに満ちた天の父が私たちの必要をご存知であり、それを満たしてくださるという約束です。主イエスは、物質的なものが悪であるとは言っておられません。優先順位を問題にしておられるのです。神さまが与えてくださるものはすべて良きものであって、私たちが喜んで受け取るべきものです。神様との関係よりも私たちの欲求を優先する時に、問題が生じてきます。

Ⅲ.神の国に投資しよう!

神の国を第一に求めて生きている人は、そこに時間と持てるものを投資します。どれだけ時間を費やしているかで、その人が何を大切にしているかを知ることができると思います。神の国に生きる人は王である神さまとの関係を大切にします。家庭に神の国を築こうとする人は、夫婦関係や親子関係に時間を費やします。時間を使わないで親しい関係を築くことはできないと知っているからです。親子関係も、教会の友人たちとの関係も、地域の人々との関係もまったく同じです。神さまとの豊かな関係を楽しみ、その恵みを愛する人々と分かち合えるならば、なんと幸いなことでしょう。

神の国に生きる恵みを知っている人は、小さなことに感謝できる人、豊かに与える人です。豊かに与える人には、「豊かに与えられる人生」が約束されています。一つひとつの小さな恵みを喜んで受け取り、神の家族とそれを分かち合い、ともに時間を過ごし、楽しみ、感謝して生きましょう。まず、毎日の生活の中で、身近なところから、神の国を広げていきましょう。