イエス・キリストが私たちを救い、

神が私たちの父となり、恵みの中を生きる新しい人生が与えられます。

聖書のことばが私たちの人生の土台となり、

たとえ試練があっても、希望と喜びをもって生きる力が与えられます。

教会が私たちの家族となり、

人生を分かち合い、祈り合い、励まし合う仲間が与えられます。

聖霊が私たちをいやし、回復し、成長させ、

新しい人へと造り変え、神の尊い作品として生きるアイデンティティが与えられます。

キリストが私たちたちを世界に遣わします。

イエス・キリストにあるいやしと回復、和解と希望のメッセージを伝えるミッションが与えられます。

2018年1月28日日曜日

弟子の条件



今までも何度かキリストの弟子についてみことばから学んできました。神はご自身の民であるクリスチャンにキリストの弟子として生きていくこと、またキリストの弟子を作っていくことを願っておられます。すべてのクリスチャンはキリストの弟子として召されているのですが、


イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。
それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、
また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」
(マタイの福音書28章18節~20節)



Ⅰ.弟子とは、キリストのそばにいる人  



弟子と訳されているギリシャ語は「学ぶ者」を意味するマテーテースです。学ぶと言っても知的に勉強するという意味ではありません。キリストがどのような方であるかを、生活を通して体験的に学ぶと言う意味です。私たち夫婦は昨年の12月、結婚31年目を迎えました。しかし未だに夫であることを学んでいる最中です。夫婦としてお互いを良く知っているつもりですが、知り尽くしているわけではありません。今でも新しい発見があります。子どもたちがみな成人して、いわゆる子育ては終わっていますが、今でも父親であることを学ばされています。牧師としても育てられている気がします。一人のクリスチャンとして自分を見たときにも、5年前と今では、確かに違います。いろいろな意味で受け止め方や考え方、判断の仕方が変わって来ていますし、生き方も変えられているように思います。未だに発展途上で、変えられつつあるというのが実感です。自分自身も夫婦関係も、親子関係も、教会も。さて、私はどのように夫であること、父親であることを学んできたのでしょう。また、学んでいるのでしょう。すべて関係を通して、生活を通して学んでいることです。



主イエスは、最初の弟子たちを召された時に「わたしについてきなさい。」と語られました。主イエスの呼びかけに答えた弟子たちの学びはその時から始まったのです。もちろん先生は主イエスです。弟子たちの学校はどこにあったのでしょう。彼らの学校は一つの場所にはありませんでした。ある時には、カナの婚礼であったり、サマリヤの井戸の傍らであったり、ベテスダの池であったり、お腹をすかせた群衆のいる荒野であったり、嵐のガリラヤ湖であったり、ゲラサの墓場であったり、姦淫の女が引き出された広場であったり、主イエスの親しい友人ラザロが葬られたベタニアの村であったり、主が自分たちの足を洗われ、いっしょに最後の食事をした二階の広間であったり、兵士に捕らえられた主イエスを残して逃げ出したオリーブ山であったり、あの三本の十字架が立てられたゴルゴタの丘であったり、空の墓であったり、意気消沈している自分たちの前に主が現れたあの部屋であったり、主が天に昇られたオリーブ山であったり、主イエスがおられたところに彼らの学校があったのです。



Ⅱ.弟子とは、キリストを知りたいと願う人



私たちは興味や関心のあることであれば、もっと知りたい、もっと身につけたいと思って勉強します。だれか尊敬する人や、憧れを感じる人がいれば、その人から学びたい、またその人のようになりたいと願います。そのようなモチベーション(動機)があると勉強を持続していく大きな助けになります。何も興味の持てないものをただ勉強しなければならないとしたら苦痛にしかなりません。弟子たちが主イエスの呼びかけに答えてついていったのは、この人のことをもっと知りたいと思ったからです。彼らが、主イエスから離れなかったのは、また、離れても戻ってきたのは、この方の中にどんなものにも代えがたいすばらしい宝があることを見出したからです。



Ⅲ.弟子とは、キリストのこころを求め、キリストとともに働く人



「神さまの御心はどうしたらわかりますか?」という問いかけをときどき耳にします。でも、そのような疑問に注意して耳を傾けると、単に「神さまは私が知りたいことを教えてくれない」あるいは「神さまは私の語ってほしいことを語ってくれない」と言っているように聞こえることがあります。まず大切なことは「神さまの御心」とは「神さまが私に語っておられること、神さまが私に知ってほしいこと、神さまが私に伝えたいこと、神さまが私に行ってほしこと」なのであって、「私が神さまに語ってほしいこと、私が神さまに教えてほしいこと、私が神さまに行ってほしいこと」ではないということです。もう一つ大切なことがあります。神さまの御心の大切な部分はすでに私たちに語られているということです。語られているのに耳を傾けない。語られているのにそれを行っていないとしたらどうでしょう。



主イエスはこのように言われました。「もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。」(ヨハネの福音書8章31節)私たちが手にしている聖書には、神の子とされた私たちに対するたくさんの素晴らしい約束と、命令が書かれています。私たちが神のみ心を知るための唯一の方法は、みことばを受け入れてそれを行うことです。主イエスは「いのちのパンであるわたしを食べなさい。」という言い方でこのことを弟子たちに命じておられます。主イエスはこう言っておられるのです。「私の語ったことばをそっくり受け入れて、良く消化し、自分の身体の一部分にしなさい。」



聖書の教える「信仰」とは「信じて、受け入れる」だけでなく、「それを行う」ところまでを含んでいます。「あなたの神である主を愛せよ。」「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」主イエスは、この二つの命令に聖書のすべての命令が集約されており、一番大切な命令だと教えています。与えることなしに、与えることの豊かさを知ることはできません。赦すことなしには、赦しのもたらす開放を知ることはできません。近くにいる人を慰め、励まさすことなしに、慰めや励ましが何をもたらすかを知ることはできません。神を愛するとは、神が愛している人々を愛していくことです。その中には自分自身も含まれているのです。私たちはわずかしか持っていないかもしれませんが、そのわずかなものを神さまのために使っていきましょう。

2018年1月21日日曜日

恵みの良い管理者


前回は、キリストが教会の土台、また中心であることを御言葉から分かち合いました。今日は、キリストに属する私たちに与えられている賜物の意味、神の家を建てあげるために良き管理者となうように召されていることの意味をいっしょに学びたいと思います。


それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。
(ペテロの手紙第一4章10節)



Ⅰ.賜物・カリスマ  


賜物と訳されているギリシャ語はカリスマです。カリスマと聞くと一般的には、カリスマ的な指導者とか、カリスマ美容師のように、神秘的な力で大衆を惹きつける人、際立って優れた能力を持っている人を表す形容しとして使います。しかし、聖書に語られているカリスマは神さまの恵みによって値なしに与えられた贈り物(ギフト)のことを表しています。(英語の聖書ではギフトと訳されています。)もともと何も持っていない私たちに神の家を築くための道具また材料として賜物を与えてくださっているのです。それをどう使うか、どう磨いていくかは私たちにかかっています。錆びつかせてしまったり、間違った使い方をしたり、無駄にしてしまってはいけません。神の与えてくださった賜物は、神の御心にそった形でしか使うことはできないからです。


Ⅱ.恵み・カリス


「神のさまざまな恵み」とありますが恵みと訳されているギリシャ語はカリスです。上で説明した「神からの贈り物」「神の賜物」を意味するカリスマは、「恵み」を意味するこの「カリス」から派生したことばです。「恵み」と「賜物」が切り離せない関係にあることが分かります。キリストのからだに属する一人ひとりに恵みによって賜物が与えられているのです。この賜物は、神の家を建てあげる道具また材料して設計されているので、キリストに属する者がお互いを建てあげるために使うことはできても、自分のためだけに使うことはできません。


Ⅲ.良い管理者


キリストを信じるものは皆、良い管理者となるように召されています。神から与えられた賜物を設計者の意図を読み取って上手に使うことができる人が良い管理者です。賜物は必ず、キリストに属する一人ひとりに与えられています。しかし、それを上手に使うことができるかどうかが問われているのです。良き管理者となるために必要な基本的な能力も、神は私たちに賜物として与えてくださいます。


1.信頼


第一の賜物は、設計者に対する信頼です。良い管理者は設計者である神が良き計画を持っておられること、そして自分を用いて良きものを作り上げようとしていることを知っています。またそのために必要なすべての材料と能力を与えてくださると信頼しています。その信頼もまた神からの賜物なのです。
2.ビジョン



二つ目の賜物はビジョンです。良い管理者は、建物が完成した姿を鮮やかに思い描くことができます。管理者は全てを理解しているわけではありませんが、神が与えた設計図に従って、与えられた材料を組み立てていくならば必ず良きものが完成すると信じています。まだ現実のものとなっていない物を目の前にあるように思い描くことができるのです。建設現場を見渡すと建物は骨組みしかなく、材料が積み重ねてあります。ゴミが出るでしょうし、騒音もするでしょう。しかし、良き管理者は指示に従って工事を進めていくならば必ずこの建物、神の家は完成すると知っているのです。


3.忍耐


三つ目の賜物は忍耐です。設計のスケールが大きければ大きいほど、工事の工程は長くなります。建物の完成までに時間がかかるのです。神はエクレシア(教会)という歴史の中でもっとも壮大な建物の設計図を描き、それを建てあげようとされています。神が建てあげるのであるならば、それは必ず完成します。キリストのからだである神の家はインスタントに建てあげることはできません。忍耐深い地道な作業が求められます。地域教会に属する私たちはその大計画の一部分を担っているのです。神はキリストに属する私たちをこの大建築工事に参加するように招いておられます。良い管理者は神の同労者でもあります。


キリストのからだである教会、エクレシアという神の家は未完成なのです。建築現場にはゴミがいっぱい散らかっているかもしれません。いっしょに掃除してください。建築資材が積み重ねてあるかもしれません。いっしょに組み立ててください。窓枠にはまだ窓がハマっていないかもしれません。いっしょに窓をはめてください。なぐさめも励ましも必要でしょう。それに気づいたのなら、慰める人、励ます人になってください。私たち一人ひとりが良き管理者になるのなら、建物の完成は早まるのです。あなたに与えられている良き賜物を用いて、仕える人となってください。

2018年1月7日日曜日

天の御国のかぎ



◆新しい年を迎えて

今日は、2018年の指針聖句から教会と教会に与えられている権威について考えたいと思います。

・・・わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天においても解かれています。」
(マタイの福音書16:18~19)

Ⅰ.この岩

「この岩」の解釈には諸説がありますが、ペテロが後に初代教会の土台(指導者の一人)となったことから考えるなら、主イエスのペテロに対する宣言として捉えても間違っていないと思います。ただし、教会の要となる礎石はイエス・キリストただお一人です。

あなたがたは使徒と預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石です。
エペソ人への手紙2章20節

いずれにせよ、聖書は、教会がイエス・キリストという礎石、そして使徒と預言者という土台の上に立てられていると教えています。私たちにとって大切なことは、家庭を、地域教会を、私たちの生活の全てを、私たちの人生をこの土台の上に築いてくことです。

Ⅱ.わたしの教会

ここで教会と訳されている言葉はエクレシアです。召し出された者たちの集まり、共同体(コミュニティー)を指して、主イエスはこのように言われました。時代と民族を超えてキリストを信じるすべての人の集まりが教会すなわち「エクレシア」なのです。地域協会であるグレイスハウスが、イエス・キリストの教会の一部分であるという理解が大切です。単独でぽつんと置かれているわけではありません。私たちはキリストの体である大きな教会に結び合わされ、その一部分とされているのです。主イエスが「わたしの教会」と言われた時に、それは「わたしを信じるものは、わたしと一つになる、わたしの体の一部分となる」ということを意味しています。

この方にあって、組み合わされた建物の全体が成長し、主にある聖なる宮となるのであり、このキリストにあって、あなたがたもともに建てられ、御霊によって神の御住まいとなるのです。
(エペソ人への手紙2章21節~22節)

使徒の働き20章28節に、「神がご自身の血をもって買い取られた神の教会」という言葉があります。エクレシアはキリストの血によって買い取られた神の民とされた人々の集まりです。私たちはもはや自分自身のものではなく、尊い代価が払われてキリストのものとされているのです。

Ⅲ.ハデスの門もそれには打ち勝てない

「ハデスの門」は「死の力」を象徴しています。イエス・キリストの教会であるならば、どんな逆境の中に置かれても神のいのちを失うことがありません。激しい迫害にさらされた初代教会がそれを証明しています。教会が勝利者であるイエス・キリストにつながれている限りは、確かな勝利が約束されています。

わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。
(ヨハネ福音書16章33節)

戦いやチャレンジは常にありますが、共にキリストにある確かな勝利を見つめて進んでいきましょう。

Ⅳ.天の御国のかぎ

マタイの福音書18章18節を読むと、この「天の御国のかぎ」が、ペテロ一人にではなく教会に与えられていることがわかります。この鍵とは、神の国の王(統治者)であるイエス・キリストが管理者である神の民(私たち)に与えた鍵です。神の国の管理者である私たちは、統治者の意向に反してこの鍵を用いることはできません。天の御国の鍵は、この地上に神のみこころを実現するために、私たちに与えられているからです。

まことに、あなたがたに告げます。何でもあなたがたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたがたが地上で解くなら、それは天においても解かれているのです。
(マタイの福音書18章18節)

「つなぐ」「解く」とは、ラビたちの使っていた専門用語で、それぞれ律法に従って「禁止する」lこと、「許可する」ことを表しています。主イエスは、恵みの時代に生かされている私たちに対して、「つなぐ権威」「解く権威」が与えられていると語っておられますが、その基準となるのは父のみこころです。「天の御国のかぎ」という権威を用いるためには、「イエス・キリストを通して」「父のみこころに従う」という二つの基準が前提になっています。その理解がないと、「私たちが自分の願いに従って決定したことを、神様が承認してくださる。」と短絡的に考えてしまう危険性があります。「キリストに従う教会が、天の父のみこころを地上で従順に行うための権威」と理解するのが、的を射た解釈だと思います。

個人の生活レベルで考えるなら、自分の心に「何を受け入れ」、「何を拒むか」決断する権威が私たちに与えられています。神のみこころに従ってその権威を用いているかどうかが問われます。地域教会としてはどうでしょうか。神が私たち(グレイスハウス)に願っていることがあるはずです。私たちがそれを熱心に求め、行っているかどうかが問われると思います。教会がみこころに従って神とともに働く時に、そこに神は力を現してくださるのです。「御国が来ますように。みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように。」主の祈りが示しているように、教会がみこころを求めて行う時に、地上に神の国がもたらされるのです。神のみこころと私たちの願いとの間に調和がなければ、この「天の御国のかぎ」という権威を有効に使うことはできません。イエス・キリストは誰よりも大きな権威と力を持ったお方でしたが、父のみこころから離れてそれを用いることはなさいませんでした。「天の御国のかぎ」という権威は神の願いと私たちの願いが一致した時にはじめて有効に用いることのできるものです。天の父のみこころを求め、キリストに従い、神とともに働き、「天の御国のかぎ」を用いて神の国を広げていきましょう。私たちの思いの内に、生活に、家庭に、教会に、地域社会に、日本に、そして世界に。